金運・風水から考える財布の形(長財布、二つ折り、三つ折り、ミニ財布)

風水から考える財布についてでです。財布と金運は切っても来れないですからね。

今回は、長財布、二つ折り財布、最近人気が出ている三つ折り財布についても書きます。
長財布の人気は、『稼ぐ人はなぜ長財布を使うのか』でも明らかになりました。

たしかに年収の高い人、経営者に長財布を使用している人がおおいようです。
その一方で、実用性を重んじる人は、二つ折りがいいと主張する人もいます。

最近は、三つ折り財布が女性に人気がじわじわ出てきていますね。
トレンドとしては、ミニ財布が人気ですね。

それ以外にも財布の中身や、財布の置き場所についても関連情報を書きましょう。

財布にまつわるジンクスについてもご紹介します。

形としては長財布がおすすめ

先ほども書いたように、「稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?」の書籍は一度、読んで見ることをおすすめします。

このタイトルからもわかるように、金運を意識するのなら、まずは長財布から、です。

お札を折り曲げて使うことになる「二つ折り財布」よりも、「長財布」です。

美しくキレイに使っている長財布がいいのです。新品同様にピカピカにしているのがいいのです。

スポーツを習うのに、形から入る人がいるように、長財布を使うことで、お金持ちのことを形から入るのです。

中には縁起かつぎで、長財布にしている人もいるくらいです。成功している人のマネをするのが一番早いと言われるように、お金持ちのマネをするのですね。

「稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?」の著者は税理士さんですから、多くの経営者と交流があります。そのうえ、税理士という性格上、事業がうまくいっているかいっていないか、手に取るようにわかります。

税金のことですから、取り繕うことができないのです。売上を少なく見せるとなると脱税でしょうし、見えを張っていても売上がなかったら、税金も減っていきます。

その数多くの成功している経営者の財布を見てきた税理士さんがいうのですから説得力があります。そのうえ、その税理士さん自身が、本当に高級な長財布を使ったら、変わってきたというのですから、信用できますよね。

 

二つ折り財布だとお札がどうしても折れてしまう

長財布を美しく使うには、小銭入れと別にしておいたほうが、いわゆる「ブタ財布」になりにくいです。特に、最近は「薄い財布」が人気ですから、小銭が入り切らないよりは、いっそのこと、小銭入れを別にしてもっておくといいでしょう。

小銭だけのがま口財布でもいいですし、二つ折り財布をレシート入れと兼用にした小銭入れ用にしてもいいです。

長財布と小銭入れに使い分ける方法とは、別に、長財布のほうも「ふたつ持ち」してなるべく財布がくたびれてこないようにしている人もいます。携帯電話を2個持ちしている人がいるように、財布も2個持ちしているのです。

長財布と小銭入れを分けて、さらに長財布もサブの財布を持つとなると、複数の財布を持つようになりますが、お財布に凝るタイプの人に聞いてみると、意外とそのようにしているものですね。

とにかく二つ折り財布だと、どうしてもお札が曲がってしまうなどありますから、まっすぐに保管できる長財布がいいと感じる人も多いのです。

 

ミニ財布(三つ折り財布)も人気だけど

最近は、バッグがミニと大きな物とに流行りが両極端にわかれているそうです。

同じように財布も長財布とミニ財布、それも三つ折り財布とに人気が二分されているとのこと。

私としては二つ折り財布を選ぶくらいなら、奇数になる三つ折り財布のほうがいいように感じます。奇数の中でも3は、割り切れない数字、ということで縁起が良いという人もいます。

特に3は、言葉の響きもいいからです。「3つ」は「満る」につながって願いが叶うという縁起の良い数字ということでもあります。

1つは点の存在だけど、2つの点で線になり、3つの点で初めて面になるという、完成を表す数字が3なのだという人もいますから、縁起を担ぐという意味なら、三つ折り財布をサブとして使うことをおすすめします。

聞くところによると、芸能人の方が三つ折り財布を使っているようです。芸能人の場合は、入るのも大金ですが、出るのも大金のことが多く、金運としてはあまり参考にならないような気がします。

もちろん長期に渡ってずっとお金持ちの芸能人もいるでしょうが、晩年にお金に苦労した人も多いと聞きます。

ですので、お金の出入りが派手なタイプに憧れるのならともかく、あまり芸能人のマネばかりするのも金運の点では疑問です。

財布にも流行があるので、三つ折り財布が人気だと聞きますと、そちらを使ってみたくなる気持ちもわかります。

しかし、その場合もメインとしてではなく、小銭用のとしての財布にする。もしくはレシート入れやカード類を入れておくためのサブ用財布として三つ折り財布を使い、お札は長財布に、まっすぐに入れておくのがいいと思っています。

 

ファスナーについても

ラウンドファスナー長財布は、お金が逃げないと言われています。L字ファスナーでも同様ですね。

また、小銭入れと使う人が多いでしょうが、「がま口」タイプや留め金になっている財布もお金が逃げない財布といわれています。

ファスナータイプにしても、蓋がある折り財布にしても、留め金タイプにしても、中身は大きくゆったりしている財布が吉です。キツキツのお金の出し入れに滞るような財布よりは、余裕のある大きめ財布です。

お金の余裕につながるように、お財布の空間も余裕をもった財布がいいです。

最近は、100万円が余裕で入るという財布も売られています。100万円、現金で持つのも不用心でしょうが、それくらいの大きさの財布のほうがゆったり余裕があっていいのです。

 

ミニ財布、定番の長財布でも色の組み合わせを自分で選べるオーダーメイドの財布なら

>>革製品のカスタムデザインJOGGO



財布の中身はムダに入れずに整理整頓

財布の中身は整理整頓が一番大事です。

財布は、外側も内側もキレイにするのが金運向上につながります。

お守りを入れるにしてもひとつ程度にしておきましょう。中には、験担ぎに古銭を入れる人や外貨を入れる人もいます。1000万円の札束用の帯封、100万円の束を10個束ねるものを縁起がいいとして、財布の中にいれておく人もいます。

私としては、お守りひとつだけにして、なるべく入れないことをおすすめしますが、古銭にしろ、外貨にしろ、それで運気が上がったとか、タネ銭になったと思うなら、そのまま続ければいいのです。

有名なものには、「蛇の脱殻」です。これは昔から言われているので、おばあちゃんから聞いたよ、という人もいるかもしれません。

ヘビ革の財布が買えなかったので、蛇の脱殻を入れているという人もいます。蛇と財運は、弁財天様のお使いが蛇であることから、昔から信じられてきています。

 

スリムな財布に

ブタ財布という言葉があるように、パンパンで、財布のまわりからレシートやらクーポンがはみ出ているような財布では、金運から縁遠くなります。

女性なら、体型をスリムに保とうとしますよね。それと同じです。お金持ちの財布を見たことがある人は、色については意見が割れることがありますが、財布がスリムになっていることは共通して言っていますね。

デブでだらしない体型よりはスマートな体型が好まれるように、財布のお金に好かれるようにするには、スリムな財布を目指しましょう。

クレジットカードも、キャッシュカードも、必要最低限にして、使わないようなクーポンやポイントカードは別にする。
レシートや領収書は、すぐに取り出すことを習慣づけましょう。

パンパンに膨らんで、回りからチラシやらクーポンやらが飛び出ている財布をスーパーのレジ待ちしている時に見かけることがありますが、お金持ちが集まる場所ではそのような財布を見かけません。

 

また余計なものは入れないを気をつけるようにします。余計なモノ、たとえば、プリクラの写真を入れておく、バンドエイドを入れておく、宝くじを購入したから忘れないように入れておく、のような財布にとりあえず入れておこうという癖は変えていくようにしましょう。

 

同様に、ポイントカードも別にケースに入れて財布には入れない。レシートもできれば入れっぱなしにしない。自宅に帰ったら取り出す癖をつけておくのがいいのです。

財布にはポケットがありますが、クレジットカード、キャッシュカードくらいにして、ポイントカードは別の入れものにします。

お金持ちほど、お財布の中身を覚えています。お金持ちは経営者や投資家などに多いですが、お金の流れをよくみています。その習慣があるから、自分自身の家計や事業の収支や現在どれくらい現金を持っているのかをきちんと把握しているのです。

そのような習慣があるからこそ、自分の財布に入っているお金も把握できています。毎日のお金の流れを把握しています。
ズボラではないのです。

それには、現金の他には何が入っているかの把握はもちろんのこと、余分なものを入れない。いつまで使えるのかわかっていないクーポンや割引券などは貯め込んでいませんし、いつまでもレシートを入れっぱなしにしないなどの共通点があります(お金持ちほどケチだといわれますが、そのような割引券の類は、使っていないものなのです)。

自身のお財布の中に何が入っていて、お金も大体いくら入っているのかを把握できています。
余分なものを入れっぱなしにしないことで、把握しやすいように必要なものだけを財布の中に入れているのです。

お金を大切にしている人ほど、お財布を落としたり、盗まれたりした時にも、警察からいくらぐらい入っていましたかと聞かれれば即答できて、被害への対応も早くできるというわけです。

 

置き場所(保管場所)

外出先から家に帰ったら、財布は、できればバッグに入れたままにしておかないで、家の北側の暗くて静かな場所に置きます。

引き出しやチェストの中、木箱や金庫などにしまいます。金庫も重要なものを入れておくのと日常使いのと分けている人(会社でいえば、小口現金保管用の金庫のようなもの)もいますが、日常使いの金庫でいいので、バッグに入れっぱなし、置きっぱなしにしないようにしましょう。

方角が北側というのは、陰陽五行説の「水」に当たる場所で、北の暗くて静かな場所がまさに、「金を増やす」意味の場所だからです。

 

金運アップのジンクス

金運アップでよくいわれるジンクスとしては、お金の向きをそろえることです。
これも財布の整理整頓につながります。

お金を大事に扱っているかどうかは、向きをそろえているかどうかもチェックポイントです。
そのような些細なことが、お金に対する「心の鏡」のようになってきます。

財布をバッグに置きっぱなしで放置するということも、お金を大切にしていないことの現れです。

お金持ちほど、財布に今現在、いくら入っているのか即答できるが、お金にルーズな人ほど、即答どころか、だいたいの金額さえ、財布を改めてみないとわからないことが多いものです。

その他、お札は必ず入れておく、タネ銭にもなるので、なるべく万札を入れておく、ということがあります。「お金は寂しがりやで、仲間を増やしたくなる」とのジンクスとして知られています。

 

風水からみて、色も柄も選べる財布がいいですよ。

最近人気のシュリンクレザーの財布ならナガタニです。

>>NAGATANI財布




財布と金運と風水のトップページへ

金運と財布と風水と