五黄土星の2021年のラッキーカラーから財布の色を考える

五黄土星の2021年金運を考える上で、ラッキーカラーとお財布の関係も見逃せません。

五黄土星の生まれ年は、昭和7年(1932)、昭和16年(1941)、昭和25年(1950)、昭和34年(1959)、昭和43年(1968)、昭和52年(1977)、昭和61年(1986)、平成7年(1995)、平成16年(2004)、平成25年(2013)となります。

2月の立春前に生まれた人は前年の六白金星で見ます。

財布において色は大事です。ラッキーカラーだからと言ってそのままお財布の色として選んだらいいかというとそうとも限りません。金運財布の色は別という場合もあるのです。

風水の先生によっては、赤は赤字につながるからダメだとか、お金を燃やす炎の色だから避けたほうがいいという人もいます。また青は「水が流れる」として、お金が流れる、につながるから良くないとする人もいます。

このように「五黄土星は○○色が2021年のラッキーカラー!」と言って、すべてそのままその色をお財布の色にしていいかというとそうとも言い切れないのが現実です。

今回は、五黄土星の幸運の色、ラッキーカラーを考えると同時に、、金運財布、お財布の色についても書いてみたいと思います。

 

\\最近、話題の金運財布は緑の財布//



 

2021年(令和3年)五黄土星のラッキーカラーの財布とは

五黄土星の運命の糸

五黄土星のほか、一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星のような九星でその時ごとの色を考える方法があります。

毎年、本命星は場所を移動します。その星がどの東西南北のどの位置に行ったかでも変わってきます。

後で五黄土星の2021年、令和3年の位置、東西南北のどの位置にあるのかを書きますが、まずは色についてです。

五黄土星の2021年のラッキーカラーはどのような色なのでしょう。

以下では、五黄土星の人の基本の色をみてから、その後で2021年は、どの色の財布がいいか考えてみましょう。

*********

自分の生まれ年の九星による本命星が「五黄土星」とわかっているなら、先にこちらのサイトで、九星別、開運財布をチェックできます。

\\九星別なので、サイトでは、ご自分の「五黄土星」のところをクリックしますよ//

九星財布のページへ

>>五黄土星の財布

 

2021年(令和3年)の五黄土星の金運

2021年の五黄土星の金運は、長年の努力が実を結ぶ時です。例年よりも金運アップとなる時です。

仕事も忙しくなってそれとともに収入が増えるという運勢です。ただし、入ってきたお金を貯め込むというよりは、出して使うことでさらに入ってくるという運勢となります。

経済誌を読むなど経済動向に注目することが金運アップになるでしょう。大局的な観点で金運を考えるといい年です。

情報をめぐらし、幸運の神様がやってきたらすぐにキャッチすることが開運となります。

人から情報を得ることもありますので、人脈づくりにも気を配りたい年です。まわりの人にも幸せをもたらす運気なので、「金は天下の回りもの」というように捉えたいです。

金運アップが望める年なので、無いことに注目するのでなく、あること、自分が持っていることに気づきましょう。

今までの努力が実を結ぶ時なので、事業経営している人ならば事業拡大の時期といえるでしょう。お金を大きく動かし回転させることが長い目でみたら、自分に向かう金運も増えるのです。

 

五黄土星の基本の色

ラッキーカラーとなるわけではありませんが基本の色があります。人によっては、命の色、魂の色ともいわれる色です。

五黄土星の基本の色は「黄色」になります。

五黄土星ということから、土色、「茶色」も基本の色と考えます。こげ茶も含む大地の色ですね。

五黄土星は「中央」が定位置と考えるので、中心的存在として皇帝の色は黄色だと言われていました。五行思想から中央の色である黄色が皇帝の色だと言われています(余談ですが、中国語で「黄」と「皇」は同じ発音になります)。

皇帝という高貴な人が身につける色だったためか、黄色はお財布の色になると言われた時代がありますが、あまりに黄色が強すぎる場合は、一般人の場合良くないといわれています。

それなので、少し黄土色くらいのほうがお財布向きです。

金色もいいのですが、金ピカよりは、仏像のような古さを感じさせる、渋い金色がいいです。

黄色がキツすぎるものよりは、黄土色や、ブラウン、茶色系にしたほうがいいですね。

もしくは、クリーム色やベージュのように黄色単色より、他の色が入っているほうがいいようです。

 

五黄土星の2021年のラッキーカラーは

基本の色だけでなく、その年、その年でのラッキーカラーもあります。

五黄土星の2021年におけるラッキーカラーは「緑色」です。

2021年は五黄土星のいる方位が「南東」であることからラッキーカラーは「緑色」であると考えます。

木々のイメージです。若葉色からグリーン、深緑まで幅広く緑色がラッキカラーなのです。

木々の成長を示す「緑色」が2021年のラッキーカラーになります。

ここ数年、緑色のお財布が金運アップによいと言われています。有名な占い師の方々がお金持ちは緑色の財布を使っている、もしくは使っているの見たから、として、緑色の財布がいいといわれています。

そこから考えると、2021年に「緑色」のお財布を使い始めるのはラッキカラーでもあり、良いことです。

中には、「緑色」の中でも深緑が金庫の色であるとして、おすすめしている人もいます。

その年のラッキーカラーとは別に2021年における毎月のラッキーカラーもありますので、こちらは参考としてください。

 

五黄土星の毎月のラッキーカラー(令和3年)

1月 グレー、暗めの灰色
2月 白
3月 赤
4月 黄色
5月 紫色
6月 青、水色
7月 黒
8月 碧、青緑
9月 緑色
10月 金色
11月 茶色
12月 葡萄色

★ラッキーカラーを組み合わせて自分だけのお財布を作れます。

>>自分だけのオリジナル財布JOGGO



五黄土星の生まれ年の九星による基本形

九星気学では、それぞれの九星には象意というものがあります。

その星のシンボルみたいなものです。

五黄土星の象意とは、

基本としては「土」です。
五黄土星ですから、「土星」の「土」です。

土は大地を表します。木々を育て、金である鉱物を生み出します。

古いことも、五黄土星の象意、シンボルです。

そのほか、天候としては土用です。日本では土用丑の日として夏が注目されますが、実は、春夏秋冬、どの季節にも土用の日はあります。
すべて「土」に係ることです。

五黄土星は東西南北の位置にはなく、中央に存在します。他の星とは全く違うところです。他の星の中央に位置するため、皇帝、すなわち権力者のような立場にあります。

またすべての物質は土にかえることから、腐敗の意味さえあります。

中央にあることから、五黄土星の人は生まれながらのリーダータイプといわれます。バイタリティー、行動力もあります。まわりを支配する星回りなので、人の上に立つような立場に知らずしらずなっていることでしょう。

そのため、往々にして自信過剰気味のところがあり、わがままな面があるのことに注意したいものです。

象意というのは、なかなか面白いもので、「土」以外の五黄土星の象意には味覚としては「甘い」、職業は古いものに関係するもの「古物商」などです。身体としては、「大腸」となります。また五臓六腑の意味を持ち、「心臓」と考えることもあります。心臓は身体の要と考えるからでしょう。

方位としては、東西南北ではなく「中央」になります。これは「定位置」からきます。

九星には定位置があって、一白水星は北、二黒土星は西南、三碧木星は東、四緑木星は東南、五黄土星は中央、六白金星は西北、七赤金星は西、八白土星は北東、九紫火星は南というものがあります。

 

2021年の年間のラッキーカラーは?

どの人にとっても、2021年のラッキーカラーとなる色も見ていきましょう。

年末になるとよく来年のラッキーカラーは、これ!と発表になる色です。

2021年は、「辛丑」(かのとうし)の年です。「木火土金水」といわれる五行思想でいえば、辛は「金」の年といえます。

物事には陰陽があって、陰陽五行説ともいわれます。

陰陽も考えると「辛」は、「金」の中でも「陰の金」と考えます。

「金」の基本の色は「白」となります。

2021年、令和3年は、「辛丑」の年なのですが、「丑」は五行思想で考えると「土」になります。陰陽五行説でいいますと、「陰の土」です。

「土」の基本の色は「黄」になります。

2021年は、「六白金星」の年になります。六白金星が「中央」に来る年だからです。

六白金星の基本の色は「プラチナ色(白銀色)」、「赤」になります。六白金星の定位置である「北西」から考えて、金色、白、銀色と考える場合もあります。

これらからみて、2021年のラッキーカラーを考えます。有名な風水の先生方の基本は上記の点から導きだされるでしょう。

赤と白銀を混ぜて、「キラキラしたピンク色」がいいと考える人もいれば、辛丑だから「白」がいいと考える人もいます。更には、丑年だからと白と黄色を混ぜて、「クリーム色」がいいと考える人もいます。丑年の「土」の気から、土色=こげ茶色、茶色がいいと考える人もいます。

 

旅行すること、動くことで開運するのが九星気学

2021年の五黄土星は、年間ベースでみると、二黒土星が居る「北」、八白土星が居る「西」、九紫火星が居る「北東」が「吉」となる方位です。

九星気学は、基本的には人が動くことによって吉凶が生まれるという考え方をします。

旅行風水と聞くことがあるでしょうが、あれは気学を風水としてわかりやすくしたものであって、九星気学の考え方、「気」の考え方がベースにあります。

そのため、方位を調べよい方位に動き吉を得て、凶を避けます。

その方向に気が流れているので、それに触れるために温泉がいいとか、湧き水を飲むといいといわれます。

毎月の五黄土星の吉方位は異なりますから、これは九星気学の書籍を見るとわかります。

年間ベースで考えたら「北」「西」「北東」がいいとされますが、これは長距離の移動、それこそ500km以上離れるくらいの旅行の時に発揮されます。

それ以外の近場の旅行では、毎月の吉方位とか、ラッキーな方位とか、雑誌や書籍に書いてありますから、そちらの方位にいくといいですよ。

 

ラッキーショップのサイトには五黄土星向きの財布があります。

どのような色合いなのか、ラッキーショップのページでチェックを!

>>五黄土星の色を使った財布のページ