七赤金星の2022年のラッキカラーから財布の色を考える

七赤金星の2022年金運を考える上で、ラッキーカラーとお財布の関係も見逃せません。

七赤金星の生まれ年は、昭和5年(1930)、昭和14年(1939)、昭和23年(1948)、昭和32年(1957)、昭和41年(1966)、昭和50年(1975)、昭和59年(1984)、平成5年(1993)、平成14年(2002)、平成23年(2011)、令和2年(2020)となります。

2月の立春前に生まれた人は前年の八白土星で見ます。

 

財布において色は大事です。ラッキーカラーだからと言ってそのままお財布の色として選んだらいいかというとそうとも限りません。金運財布の色としては別の色が良いという場合もあるのです。

風水の先生によっては、赤は赤字につながるからダメだとか、お金を燃やす炎の色だから避けたほうがいいという人もいます。また青は「水が流れる」として、お金が流れる、につながるから良くないとする人もいます。

このように「七赤金星は○○色が2022年のラッキーカラー!」と言って、すべてそのままその色をお財布の色にしていいかというとそうとも言い切れないのが現実です。ラッキカラーが必ずしも、その人の金運アップの色とは限らないからです。

今回は、七赤金星の幸運の色、ラッキーカラーを考えると同時に、金運財布、お財布の色についても書いてみたいと思います。

自分の生まれ年の九星による本命星が「七赤金星」とわかっているなら、先にこちらのサイトで、九星別、開運財布をチェックできます。

九星財布のページへ

>>>>七赤金星の財布

 

2022年(令和4年)七赤金星のラッキーカラーの財布とは

 

七赤金星のほか、一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、八白土星、九紫火星のような本命星の九星でその時ごとの色を考える方法があります。

毎年、本命星は場所を移動します。その星がどの東西南北のどの位置に行ったかでも変わってきます。

後で七赤金星の令和4年の位置、東西南北のどの位置にあるのかを書きますが、まずは色についてです。

七赤金星の2022年のラッキーカラーはどのような色なのでしょう。

以下では、まずは七赤金星の人の基本の色をみてから、その後で2022年は、どの色の財布がいいか考えてみましょう。

*********

\\緑色の財布は最近評判の金運財布//



 

七赤金星の基本の色

七赤金星に運命の糸

ラッキーカラーとなるわけではありませんが基本の色があります。人によっては、命の色、魂の色ともいわれる色です。

七赤金星の基本の色は「赤」になります。これは七赤金星の「七赤」からわかりますね。

七赤金星の「金星」、五行思想では金星の「金」である「白」も基本の色と考えます。

七赤金星は「西」が定位置と考えるので、五行思想から西の色である金色、銀色、白も基本の色として考えます。

金色はあまりに金ピカすぎると、陽の気が強すぎるので、金が抑えめのものがお財布の色としてはいいでしょう。

七赤金星の七赤の「赤」と金星の「白」を混ぜて、ピンク色やローズ色がいいという人もいます。女性の場合、原色だと強すぎることが往々にしてあるので、パステルカラーにしておくといいのです。

私も七赤金星の人は財布の色にするのなら、赤よりは、ローズ色をおすすめします。

「杏色」と呼ばれる柔らかい橙色もいいといわれています。また、七赤金星の定位置である西ですが、西に火が沈むので、夕日ような色もいいといわれています。

 

七赤金星の2022年のラッキーカラーは

その人の生まれによる基本の色だけでなく、その年、その年で変わるラッキーカラーもあります。

七赤金星の2022年におけるラッキーカラーは「金色」、「銀色」、「紫」です。

赤と青を混ぜた色である「紫」もいいのですが、女性の場合は、原色のような鋭い色よりも少しぼやかしたラベンダーカラーもいいのです。紫色は高貴な色として知られています。聖徳太子の冠位十二階でも紫の色は最高位の色といわれていました。

2022年は「白」もラッキカラーと考えられます。七赤金星が西にいるからです。

世の中では白蛇の財布が金運アップの財布になるとして、蛇革の財布を白く染めた財布を「白蛇財布」として持つ人もいます。蛇が好きではないからということで、牛革であるが、蛇革のように見せかけた財布もあります。

その年のラッキーカラーとは別に2022年における月ごとの毎月のラッキーカラーもありますので、こちらは参考としてください。

 

七赤金星の毎月のラッキーカラー(令和4年)

1月 パステルブルー
2月 ブルー
3月 白、透明に近い色
4月 碧色、エメラルドグリーン
5月 緑色
6月 白銀、プラチナ色
7月 グレー、チャコールグレー
8月 オレンジ色
9月 黄色、茶色
10月 赤
11月 黒
12月 白、アイボリー

★ラッキーカラーを組み合わせて自分だけのお財布を作れます。

>>自分だけのオリジナル財布JOGGO



2022年(令和4年)の七赤金星の金運

2022年の七赤金星は金運アップの年です。仕事を順調にこなしていれば、必要だと思う金額が入ってくるという幸運の年です。ただし、入りも出も多い年になりそうです。入ることは入っても出るのが大きいと本来、金運が良いという年でもしっかり何に使うのがいいのか見極める必要が出てきます。

さらに、2022年は予定外の出費も多くなりそうです。金運はいいのですから、好機と思ったらチャンスの波を捉えるようにしましょう。

入と出のバランスを考えながら、何に対して出費するべきかを考えましょう。

いくら金運がよい年でも、浪費はいけません。浪費ではなく、以前より住宅を買おうと思っていたがなかなか踏み出せなかった場合、住宅ローンのような計画性のある借金なら2022年のうちに決まりそうです。

 

2022年の干支は壬寅、五黄土星の年

2022年は、「壬寅」(みずのえとら)の年です。「木火土金水」といわれる五行思想でいえば、壬は「水」の年といえます。十干十二支の十干です。

五行だけでなく陰陽も考えると「壬」は、「水」の中でも「陽の水」です。「水」の基本の色は「黒」となります。水は北を示します。

令和4年は、「壬寅」の年で、「寅」を五行思想でとらえると、「木」になります。陰陽五行説でいいますと、「陽の木」です。陰陽の陰が減っていき、陽の気が地下から地上に上昇して増えてくるので、草木が芽吹くという年です。

「木」の基本の色は「青」または「緑」になります。緑色なのに青信号と呼ぶように、そして緑色のりんごを青りんごと呼ぶように、昔から青と緑は同じ色と捉えているようですね。

2022年は、「五黄土星」の年になります。五黄土星が「中央」に来る年だからです。これは五黄土星の定位置なのです。そのため、いったんリセット、再スタートの年とも言われています。

五黄土星の基本の色は「土色(茶色)」、「黄色」になります。

2022年のラッキーカラーは、「黒」「緑」「茶色」「黄色」を基本と考えるのがいいでしょう。また、中には足りない色を補うのが良いとする考え方もあって、黄色を補う色は、紫色ということで、紫色をラッキーカラーと考える人もいます。

すでに安定した収入がある人は「黒」、これから増やしていきたいなら「緑」や「茶色」がおすすめです。黄色は派手に見えますが、すこし黄土色に近い色合いのものを探すと、意外と財布にいい色なのですよ。

また、紫色は高貴な人が使う色なので、紫色に少し白を加えたラベンダー色も2022年の幸運の色でしょう。

 

七赤金星の生まれ年の九星による基本形

九星気学では、それぞれの九星には象意というものがあります。

その星のシンボルみたいなものです。

七赤金星の象意とは、

基本としては「沢」です。
水をたたえている場所となります。沼や湿地も含みます。

水をたたえている場所、ということから水に関係する、水商売の意味もあります。

七赤金星の「金」ですが、固い鉱物というよりは、加工できる金、銀のようなものです。現金も含まれます。

「笑う」「喜び」も、七赤金星の象意、シンボルです。

そのほか、天候としては暴風雨です。荒れ模様の天候となります。

七赤金星の象意には、少女の意味があります。おしゃべり上手の点があります。さらには芸者の意味もあります。そのため、社交的で人当たりがいいことが特徴です。人がまわりに寄ってきます。

人の気をそらさない点がいいところです。人の気持ちを損なわないことにかけては意識しなくてもできる人です。勘もいいので、商売上手です。その場にいるだけで明るくする人です。

その一方でおしゃれで派手好き、浪費家ということもあるので注意が必要です。世渡り上手なのですが、口は災いの元ということになりやすい点もあります。

象意というのは、なかなか面白いもので、「沢」以外の七赤金星の象意には味覚としては「辛い」、職業は飲食店、水商売などです。口が立つので弁護士、通訳も。身体としては、「歯」「口」となります。

方位としては「西」になります。これは「定位置」からきます。

九星には定位置があって、一白水星は北、二黒土星は西南、三碧木星は東、四緑木星は東南、五黄土星は中央、六白金星は西北、七赤金星は西、八白土星は北東、九紫火星は南というものがあります。

 

2022年の年間のラッキーカラーは?

どの人にとっても、2022年のラッキーカラーとなる色も見ていきましょう。

年末になるとよく来年のラッキーカラーは、これ!と発表になる色です。

先ほども書いたように、壬寅の年、五黄土星が中央に来る年ということから、2022年のラッキーカラーは、「黒」「緑」「茶色」「黄色」が基本になります。

また、中には足りない色を補うのが良いとする考え方もあって、黄色を補う色は、紫色ということで、紫色をラッキーカラーと考える場合もあります。

すでに安定した収入がある人は「黒」、これから増やしていきたいなら「緑」や「茶色」がおすすめです。黄色は派手に見えますが、すこし黄土色に近い色合いのものを探すと、意外と財布にいい色なのですよ。

また、紫色は高貴な人が使う色なので、紫色に少し白を加えたラベンダー色も2022年の幸運の色でしょう。

2022年は、「五黄土星」が中央に来る年になります。五黄土星の基本の色は「黄色」、「茶色」になります。また、金色も含まれます。

これらからみて、2021年のラッキーカラーを考えます。壬寅の壬から「黒」が、寅年ということから、緑(青も含まれます)、五黄土星の基本の色である「茶色」「黄色」も候補のひとつです。

 

旅行すること、動くことで開運するのが九星気学

2022年の七赤金星は、年間ベースでみると、六白金星が居る「西北」、一白水星が居る「北」、八白土星が居る「東北」が「吉」となる方位です。

九星気学は、基本的には人が動くことによって吉凶が生まれるという考え方をします。

旅行風水と聞くことがあるでしょうが、あれは気学を風水としてわかりやすくしたものであって、九星気学の考え方、「気」の考え方がベースにあります。

そのため、方位を調べよい方位に動き吉を得て、凶を避けます。

その方向に気が流れているので、それに触れるために温泉がいいとか、湧き水を飲むといいといわれます。

旅行に行けない!という人は、良い方位にある地で取れた天然水を飲むといいです。もちろん実際に行くのが一番です。実際に行くのがレベル10とすれば、吉方位の天然水を飲むことは、レベル1かレベル2程度なのですがそれでも小さな積み重ねになります。

>>産地別ミネラルウォーター

七赤金星の2022年を通じたアンラッキーな方位は

2022年の七赤金星は年間ベースでみると特に、「西」「東」がアンラッキーな凶方位です。南東、南もあまり良くありません。

毎月の七赤金星の吉方位は異なりますから、これは九星気学の書籍を見るとわかります。

年間ベースで考えたら「西北」「東北」「北」がいいとされますが、これは長距離の移動、それこそ500km以上離れるくらいの旅行の時に発揮されます。

それ以外の近場の旅行では、毎月の吉方位とか、ラッキーな方位とか、雑誌や書籍に書いてありますから、そちらの方位にいくといいですよ。

 

ラッキーショップのサイトには七赤金星向きの財布があります。

\\九星別なので、サイトでは、ご自分の「七赤金星」のところをクリックしますよ//

>>七赤金星の色の財布

どのような色合いなのか、ラッキーショップのページでチェックを!

 

***************
次は、夫や妻、子どもや父、母の色も見てみましょう。

一白水星の2022年ラッキーカラーの財布

二黒土星の2022年ラッキーカラーの財布

三碧木星の2022年のラッキーカラーの財布

四緑木星の2022年のラッキカラーの財布

五黄土星の2022年のラッキーカラーの財布の色

六白金星の2022年ラッキカラーの財布の色

「七赤金星の2022年のラッキカラーから財布の色」は、このページ。

八白土星の2022年のラッキカラーから財布の色

九紫火星の2022年のラッキカラーから財布の色