金運財布のおすすめは?購入前に注意することは?風水で考える選び方

おすすめの財布の選び方を風水の視点から、ご紹介したいと思います。

「金運と財布は関係がありそうだけど、いざ財布を買うとなると、財布は一体、どのようにして選ぶのがいいのだろう」

「どうせ買うなら、金運アップになるような、おすすめの財布を知りたいな」

「緑がいい、黄色がいいとか風水でお財布の色について聞いたことがあるけれど、どの色がいいのだろう」

お財布を変えようと思った時、このように考える人は多いですよね。

財布の選び方はいろいろですが、「金運アップは財布次第」とは密かに言われているのです。お金持ちほど、自分では意識しないのに、金運を引き寄せるような財布を持っているのです。

ブランド財布だけが金運財布ではありません。

考えるべきは特に、お財布の色です。風水では色にはパワーがあると考えられています。

全身真っ黒な洋服を着ている人と、全身真っ白な洋服を着ている人の第一印象が違うように、色から受ける影響はあります。

2020年用に財布を買い替えたいという人も多いはず。どうせ買うなら、金運が上がりそうな財布を選びたいですよね。

そこで風水など様々な書籍を読み、中国の風水サイトを読み続けた私が、金運アップの観点からおすすめの財布と、その選び方を紹介します。私は、おサイフ風水を知るようになってから財布に凝るようになりました。

おすすめの財布やおすすめする理由も書いておきます。

この記事は以下のような人におすすめです
  • 新生活、新年スタートなど、新しい区切りに新しい財布を持ちたい人
  • 昇進、試験合格などで、自分へのご褒美に財布を自分にプレゼントしたい人
  • 開業する、開店する、成人する、そのような記念に、自分へのお祝いにしたい人
  • 金運が下がっているように感じるので、心機一転、運気の流れを変えたい人

 

お財布の選び方や使い方を変えることで幸運を引き寄せましょう。

金運財布の選び方のポイント

まず、簡単に金運アップのための財布の選び方をざっとまとめてみます。

  • 財布の値段と年収はリンクする(年収200倍の法則)といいますから、安っぽい財布から離れることが重要です。
  • 風水では、「色」が重要と考えているので、財布の色にもこだわりたいものです。
  • 財布の素材は最初は牛革、牛本革がおすすめ。蛇革は、上級者向きか。
  • 財布を買う日は吉日を選ぶ(使いはじめの日にもこだわりを)

財布の捨て方などについてもおすすめをご紹介しましょう。

 

まずは、どのような財布があるのか、ちょっとだけピックアップ

  1. 色で選びたい!そのような人なら、自分だけのオリジナル財布を自分の好きな色で作れる「 JOGGO 」がおすすめです。世界にひとつしかないオリジナルのものが作れますから、誕生日、父の日、母の日、クリスマスなどプレゼントにも最適です。
  2. これぞ開運!そのような金運アップが希望なら、開運財布に特化した財布屋の「 金運の上がる財布 」がおすすめです。開運財布専門店ですが、色も思ったよりも豊富です。かなり口コミレビューが集まっているので、具体的な開運イメージもつかめます。
  3. 女性の場合、NAGATANI(ナガタニ)の財布がカラフルな色の中から選ぶことができておすすめです。ナガタニの口コミレビュー記事はこちら>> ナガタニの長財布(レディース)口コミレビュー SOHO最高級のシュリンクレザーだから手触りがいいです。風水的にも金運アップに期待できるパイソンもあります。革製品専門なので、かばんも有名ブランドと同じ革なのにお手軽な値段が魅力となっています。

シュリンクレザーラウンドファスナー財布SAHO『NAGATANI』公式サイトはこちら





JOGGOの財布のレビュー記事書きました!

JOGGOのレディース バイカラー長財布を買ってみた!レビューと口コミどんな財布?


金運財布を風水の観点から、おすすめします

ナガタニ黄色財布

財布を買おうと思うきっかけは、さまざまですが、財布はいつも身近な存在で、日常生活では一緒に持ち歩く物です。現金払いだけでなくカード払いの時も使っています。

キャシュレスに流れが来ている今でも、お財布は捨ててしまった、という人よりは、持ち続けている人が多いと思います。

財布と運についてですが、私の場合、お金持ちが使っている財布には共通点が多いということを10年ほど前から聞いて知っていました。もちろん、財布だけで開運となるわけでもなく、気持ちの問題も大きいですし、お金に対する認識も重要です。

稼ぐ社長さんたちの財布を見てきた税理士さんが書いた書籍も出版されて、ますます「金運と財布は関連する」と思い至るようになりました。

それまで風水については、30年ほど書籍を読んだりしてきたのですが、この書籍がきっかけで、「金運と財布」について考えるようになりました。

中国語のサイトを見ていますと、中国の風水師たちも同じようなことを書いていました。財布風水は、風水の本場中国でも人気なのです。

風水というと、世間では単なる偶然と切って捨てられることが多いのですが、占いは統計学に近いものを感じました。

例えば令和元年は「己亥の年」ですが、五行で己=「土」と亥=「水」を意味します。

水と土。そのため水害を暗示する年と言われていました。伊勢湾台風も「己亥の年」でした。

令和元年は台風19号だけでなく集中豪雨で大地と水が混じり合った被害がでた地域も多かったです。

単なる気のせいなのでしょうか。「傾向」はないのでしょうか。

科学的な根拠がない迷信と切り捨てる前に、考えてほしいのは、色にこだわったり、形や大きさ、購入時期、使い始めの時期にこだわる人がいるのは、「この財布に変えたら、無駄使いしなくなった」とか、「この財布に変えたら、年収が増えた」と感じている人もいるからなのです。

おすすめの財布を先に見たい人は、こちらから。

↓↓↓
おすすめの金運財布を先に見る
↓↓↓

自分に合った財布の色から「気に入る」のを選ぶのが金運の前提

グレーの財布

財布がパンパンだというと、お金持ちを連想するように、お金と財布はリンクして考えられています。

誰しも一度は、金運アップの財布について、色だとか、形だとか、値段について聞いたことがあるでしょう。

でも、いざ財布を買い換えようと思うときに、一体どれがいいのかわからない。

どのような基準で選んだらいいのか、「お財布の選び方」から迷うことが多いと思います。

生年月日などから、自分に合った財布がほしいと願う人は多いです。

 

色や形、素材などよりも一番大事なのが「気に入る」こと。

気に入った財布を見つけたのなら、実はそれが一番、あなたと相性がいい財布なのです。

気に入るは、「気」や「運気」と関係があります。

気に入るということは、「気が入る」につながり、「金運が入る」へとつながるからです。ほしいと思った、という自分の内側からの感情が湧いて、買いたいと思っているからという理由もあります。

そうはいうものの、多くの人にとって自分に合った財布、幸せになれる財布がわからないものです。

それでは、「気に入る」以外にも見るべき財布のおすすめの選び方を書いていきましょう。

「選び方」よりも、おすすめの財布を先に見たい!という人は、こちらからどうぞ。

↓↓↓

2020年おすすめ金運◎財布へ
↓↓↓

金運を上げる色でおすすめは?赤や青はダメ?

金塊
本来は、それぞれの占いで個人鑑定すると、その人には向かない色というものがあるのですが、雑誌や書籍、テレビなどでは一般的な傾向をいいます。

その一例として、金運からみたらダメな色に「赤」と「青」があります。

中国の風水師たちのサイトをみていくと、赤について燃え盛るイメージ、これから繁栄するとしていいという人と、赤字につながるからダメという人がいてまるで正反対の意見が出ています。

中国では元来、結婚式、国慶節など慶び事には「赤」を使います。

そのため、「赤」はラッキカラーと思われています。しかし、財布は別なようで、やはり中国でも「赤字」につながると考えられています。

そのうえ、「赤」は風水の元となる陰陽五行説では、「火」に属します。火は金を溶かします(紙幣も燃やす)。そのため、避けるべき色とされています。

青も「水」の色であるとして、お金が「流れる」として避けられています。まるでザルで水を汲むようなたとえに使わます。

 

さて、ここで色に関してのおすすめをあげてみましょう。

男女を問わず、ということでしたら、土色系統の「茶色」がおすすめです。

茶色は、「土」の色です。風水の考えの根底には陰陽五行説がありますが、「金は土から生まれる」(土生金)として、縁起がいいからです。

お金や財物などは陰陽五行では「金」に属します。そこで「土は金を生む」として、財布の色を選ぶなら、「茶色」「褐色」「珈琲色」「チョコレート色」「黄土色」の土色系統がいいのです。

その次は、緑色もおすすめの色です。木々が育つイメージがあることから「育つ」意味もありますし、緑色は、中国の風水師によると「出ていったお金が戻ってくる」色だからです。

男女別で考えるとしたら、男性は、黒もしくはグレー、ゴールドがおすすめで、女性はシャンパンゴールドか、ピンクがおすすめです。

黒はお金を守る色なので、散財しにくくなります。しかし、これから年収を上げていくというよりは、守る力があるので、すでに職業につき、一定の財産がある人が持つといいのです。グレーも同じようにお金が出ていかないように守る力がありますが、「白」(陰陽五行では「金」を意味する)も入っているので黒よりは、「白」の要素があります。

これから年収をアップさせたい人は、金色、ゴールドですね。ただし、ゴールドは稼ぐパワーとともに出るパワーもあるので(循環しやすい)、自営業のような、自分で稼いだらそれだけ使う、というお金を循環させるタイプのお金の稼ぎ方や使い方をする人にいいです。

一気にお金が入る運は、一気にお金が出やすいのです。自営業の人は、使わないのも問題で、事業に投資していかないと雪だるまのようにお金が増えていかないからです。

女性の場合、中国の風水師たちがかなりの割合で、ピンクをおすすめしていました。

他に、ベージュやクリーム色もいいのですが、私はあえて、少し「光」の要素が入ったシャンパンゴールドをおすすめします。

ゴールドでもなく黄色でもなく、光の要素が入っているシャンパンゴールドです。

ちなみに、Dr.コパ氏の最近書いた書籍を読みますと、ゴールドとシルバーが「キャッシュカラー」として大金運を呼ぶと書かれていました。

ゴールドもシルバーも、光の要素が入っているのは、わかりますよね(余談ですがDr.コパ氏は、ゴールドとシルバーのほかに、黒や茶系は安定した吉運財布になるとか、その年ごとのラッキーカラーも良いと書いていました)。

あとは、厄祓いやリセットにいいとされる「白」もおすすめです。ある九星気学の著者は、白蛇財布をおすすめしていましたが、白蛇が弁天様のお使いで金運にいいとされること、白が入っているという点もあるでしょう。

陰陽五行説では、「金」に属する基本の色は「白」となっている点も見逃せません。

ただし、中国の風水師たちは、赤と同じように「白」に対しては、まったく正反対の意見があるようです。中国では「白」はお葬式の色とされているからかもしれません。

風水や中国古来の五行思想などを上手に取り入れて金運アップの財布の色を考えていきましょう。

あとの方で、色別の風水的意味を書いていますので、最後までお読みください。

なお、2020年(庚子の年)の財布の色について、もっと詳しく書いた記事もご覧ください>>財布の色は?風水でみる2020年ラッキカラーも

ここまでのまとめ

「気に入った」財布が大前提

財布と色の関係が重要(守りの黒、育てる茶色、女性は桃色も良。青や赤は避けたほうが無難)

 

形は長財布or折り財布(二つ折り、三つ折り)

お金

長財布で金運アップの縁起を担ぐ人も多いと思います。

『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』という書籍が流行ったこともその一つでしょう。この書籍が出たおかげで、今まで意識されてこなかったお金持ちの共通点がわかってきました。

このように書きますと、長財布を持てば、お金持ちになれるのか?それだけで金持ちになれるのなら苦労しないよ、と否定的に考える人がいます。

長財布を持てば、年収アップするという意味ではなく、お金持ちをみていたら、長財布を持っていた、という傾向がある、ことに著者である税理士さんが気づいたということなのです。

税理士は職業柄、会社経営者と知り合えますし、顧問になれば業績がいいか悪いかすぐわかります。

だからこそ、お金持ちが使っていた財布は、長財布だと気付いたというわけです。だから、長財布を持てばすぐにでもお金持ちなれる、ということではなく、縁起担ぎのようなものです。形から入るわけです。

形から入るを、バカにできませんよ。やってみるとは、行動しているからです。行動すれば意識が変わります。

今では開運財布に関する書籍をみると、その多くが「長財布」がいいとしておすすめしています。私自身も、財閥系の家柄の方などのお財布をみると、長財布でした。

その後、雑誌の特集で高収入の人たちの財布を調べたら意外と、二つ折り財布も多かったということが書いてあったのをみたこともあります。

ドクター・コパ氏は二つ折り財布も悪くないと言っています。ただし、財布の色、財布の内側の色にはこだわること、ともありました。

風水師などの人たちが、長財布をおすすめする理由は、二つ折り財布や、三つ折り財布では、お金が窮屈な状態になっているからです。

お金に対する愛情でしょうね。窮屈なところの閉じ込めておきたくない=お金に対して愛情をそそげるから。

お金の出し入れがスムーズであるのは、長財布です。また、小銭でいっぱいだと、小銭の出し入れがスムーズにならないので、お札と小銭は別にして持つのがいいと言われています。

風水師によっては、陰陽五行説から、女性は二つ折り財布(もしくは三つ折り財布)、男性は長財布と言っている人もいます。

最近は、ミニバッグも流行っているということから、ミニ財布と呼ばれる三つ折り財布も女性に人気です。

私は、女性の折財布なら、二つ折りよりも三つ折り財布(いわゆる、ミニ財布)をおすすめします。三という奇数が縁起がいいと思うからです。男性には、やはり長財布をおすすめします。

長財布の中でも、ラウンドファスナーの長財布は、無駄遣い防止にいいと言う人もいます。

李家幽竹氏によると、長財布だけではバッグに入らない(ミニバッグやポーチタイプ)場合もあるので、色やデザインを長財布と同じものにそろえれば、一時的に折財布でもいいと書いてありました。

それもひとつの手ですよね。しかし、あくまでもメインの財布は長財布なので、一定期間のみ、折財布という意味です。

 

2020年おすすめの金運財布へ
↓↓↓

素材は何がいい?牛革やラムレザーなどからスタート

素材については、まず大事なのは、「本革」であることです。

牛が豊かさを象徴するとして、風水では「牛革」をおすすめすることが多いです。また、牛は「お金を貯める」という意味もあるのだとか。

それと、羊革もいいと言われています。ラムスキンも人気ですよね。事業を営んでいる人は、豚革もおすすめです。豚は、「出した分、儲ける」という意味があるのです。

とにかく、本革であれば大丈夫です。

よくないのが、合成皮革の素材です。布製は革製品に比べると悪くはないのですが、金運面であまり期待が持てません。

本革で、表面がさわってみて滑らかなもの、傷が目立ちにくいものがいいのです。

牛革のエナメル加工は、人気運、財運、勝負運を引き寄せて、厄を寄せないという効果もあるそうです。エナメルのピカピカの光がいいからでしょう。

機械で作られたものよりも、職人さんが作った財布がおすすめです。

革によっては、使っているうちに経年変化して色味が変わっていくものもありますが、それも金運にいいと言われています。

ヘビ革(パイソン)、ワニ革(クロコダイル)、とかげ(リザード)、オーストリッチ(だちょう)となりますと、お金を引き寄せるパワーが強いので、人を選びます。蛇革は、人の縁にもつながるので、経営者にいいのです。

一方、ビニールやナイロン製のお財布はよくありません。陰陽五行説では、ビニールやナイロンは、「火」の性質を持つので、先ほども書いたように陰陽五行説でいう「火は金を溶かす」になるからです。

素材や財布の形などについては、こちらの記事もどうそ。

財布と金運からみた素材、形、中身について

ここまでのまとめ

男性は長財布がおすすめ。女性は、長財布でも折財布でも良い

一般的には、牛革がおすすめ。ビニール、ナイロン製は避けたほうがいい

 

おすすめの財布10選(色、素材、形など)

ここまでの点を踏まえて、お財布を数点紹介します。

本格的に風水や九星気学、四柱推命などから自分に合った色を選ぶとなると個人鑑定が必要なので、あくまでも一般的な目安として、です。

どちらにせよ、世の中には、あまりにも財布の種類が多いですから、かえって選べなくなる、迷ってしまうと思うので、思い切っておすすめを絞り込んでみました。

その後に、更に詳しく金運を底上げしてくれる財布について、使い始めにいい日、財布の中身、値段などについても書いていきます。

 


【おすすめ財布】

1 色で選びたい人はJOGGO 色を選べるオーダーメイドの財布

>>本革製品のオーダーメイド、カスタムデザイン【JOGGO】



このように五行思想の色と本命星のラッキカラーを組み合わせたり、自分の好きな色と2020年のラッキカラーを組み合わせたりすることもできます。

 

joggoミニ財布色

彼氏や彼女と財布の形は、おそろいの形にして、中の色だけ色違い、というのもいいですね。

ゲッターズさんの影響なのか、緑の財布も人気です。子年が「水」なので「黒」を組み合わせてみてはいかがでしょう。

ジョッゴのメンズ財布

 

メンズもレディースもありました。

\\自分で色をカスタマイズできるので、プレゼントにも最適//



2 金運アップや厄除けなど、開運にもこだわりたい人に白蛇財布

白蛇財布といいますが、白蛇は天然記念物なので、牛革を白蛇の模様にして白蛇様の云われを再現しています。

牛革にしろ、蛇革にしろ「自然のもの」である「本革」を選びましょう。合成皮革は避けるべき。

>>開運「白蛇財布」



 

3,本物の蛇革(錦蛇)もあります。


4 メンズ用では流行の薄型財布としてルイビィトンのタイガ

ルイ・ヴィトン 財布 タイガ LV メンズ ファスナー長札 16枚カード ポルトフォイユ・ブラザ ノワール

「お金が貯まる財布の色」として知られている「黒」がいいですね。

 

5 オーストラリア発の本革レザー財布ブランドBELLROY(ベルロイ)もおすすめ



2020年は、ラッキカラーの茶色もおすすめの色です。もちろん、金運アップで有名になった「深緑」もいいですね。黒字に通じる「黒」もおすすめです。



6,レディース用 (色が選べる)NAGATANI

ナガタニ

NAGATANI(ナガタニ)のシュリンクレザーは、手触りがいいのです。本革で、カラーバリエーションの豊富さでは、ナガタニのSAHOシリーズがおすすめとなります。自分に合った開運の色を選びましょう。

ナガタニの財布については、口コミレビューを書きました。

→→ ナガタニの長財布(レディース)口コミレビュー

もし、予算が許されるなら、LEAF「箔押しダイヤモンドパイソン」も候補のひとつですね。長く使うと、独特の風合いが出ます。色はシルバーにも見えますが、光によってはシャンパンゴールドにも見えるという高級感がおすすめの理由です。ナガタニでは、他にもパステルカラーのパイソンもあります。

 

数多くの色から選べて、高品質の本革財布

 >> NAGATANI[ナガタニ]



7 クロコダイルが好きな人は東京クロコダイル

クロコダイルは、「財運」をくわえて離さないとして開運財布としても人気があります。

クロコダイルの革が好きな人は、長財布が多いのですが、こんな薄型財布もあるのですよ。

最近は、ミニ財布が人気ですよね。

東京クロコダイル

 

>>クロコダイルミニ財布(薄型)



8 革芸人も上質なクロコダイルのお店

クロコダイル革の開運財布で「くわえて離さず」縁起を担ぎたいのは女性も同じです。クロコダイルの財布を持ちたい女性に、色の豊富さでおすすめです。

グラデーションのワインレッドの財布や、オレンジ、シャイニングピンクなどもありますよ。

もちろん、メンズ用にも、これだけ色があればどれかはピンっとくるはずです。




9 花柄の財布で人気のエーテル
女性にとって、花柄自体が開運です。運気が落ちたなと思ったら花柄の小物を持ったり、玄関に花を飾るといいですよ。

>>花柄財布・バッグの通販なら、AETHER(エーテル)



10 ラッキーショップの財布

開運財布なら一度は聞いたことがあるはずのラッキーショップの金運万倍財布

最近は、九星気学の本命星の財布も人気ランキング上位にあります。

>>ラッキーショップ金運万倍財布



【番外編】

11 ラッキーフィッシュとよばれるエイ革財布ならバハリ

バハリは、「海の宝石」と呼ばれるエイ革素材(ガルーシャ、スティングレイとも)を専門に扱うブランドです。

エイ革は、ビーズのような独特の革で、星のように見える部分がひとつあります。

とても丈夫なので、長く使うことができます。汚れがつきにくいのも特徴のひとつ。

エイ革は値段が高いといわれがちです。しかし海外ブランド品に比べたら、ラウンドファスナー長財布が5万円以下で買うことができるのですから、長持ち(1説に100年持つとか)すればするほど、実はコスパの良い買い物になります。

また、一部の知る人ぞ知るなのですが、エイ革はラッキーフィッシュとも呼ばれて縁起を担ぐ人から好まれているのです。

 

他とは違うものを求める人に。

>>「牛は30年、エイは100年」と呼ばれるほど丈夫な素材を使ったガルーシャ(エイ革)専門ブランド≪ BAHARI -バハリ- ≫




【追記】

金運財布の口コミレビューについて

財布と金運アップは関係あるの?と思っている人は、財布屋さんのサイトに実際の購入者さんのレビューが載っています。

サイトを立ち上げた当初は、「掲示板」としてお客様の書き込みができるようになっていたので、次々と開運情報が書き込まれていたそうです。

それが、今となっては手紙、メールで、中には、証明書もつけて送られてくるようになったとのこと。
ここ数年は、開運情報大賞も作ったくらいです(証明書を財布屋で審査してから決まる)。

本当に財布を買ってから、開運、金運がツイている人の書き込みページは財布屋のサイトのこちらから

実際の口コミページです。

>>実物証明付き開運情報のページ

財布の値段や金額の目安

お金招き

誰しも予算となる目安があるでしょうから、お財布の値段、金額についての考え方です。

ワゴンセールで買うような安いお財布は、金運からみるとおすすめできません。

あとでも説明しますが、ワゴンセールでは多くの人の手が触れていて汚れがついていることが多いです。それに、セールですから割引の対象です。

あなたの金運も割引されていいのですか?

また、安い財布を選ぶこと自体が、「自分はこの程度の金運だ」と自ら上限を設けていることと同じになってしまうことにもつながります。

まずは、財布を買う時には、ちょっと背伸びをしてみる、自分ではワンランク上と思う財布を買いましょう。

『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか』の書籍(21ページ)に、年収200倍の法則が書いてあります。

財布の購入価格×200がその人の年収というわけです。

5万円の財布を持っている人は、年収1,000万円ということです。

10万円の財布を持っている人は、年収2,000万円ということです。

著者である税理士が長年、いろんな経営者との付き合いの中からお金持ちの財布をみてきて気づいたそうです。

もちろん、これは目安ですから、ぴったりその金額になるわけではありませんが、現在、そこまでの年収になっていない、という人でも、だんだん「財布は年収200倍の法則」ででた年収に近づいていくそうです。

これは5万円の財布、10万円の財布を使うとなると、財布自体を大切に扱うから、という理由もありそうです。

物を大切にする人は、いい加減な人ではなく、物に対する愛着があり、お金に対しても態度が違います。これもあとで述べますが、次第にお金に対する態度が変わってくるから、ということです。

そこで、年収1000万円を目指す人は、5万円の財布を選んでみよう、という「年収200倍の法則」の意識を持ってください。これはあくまでも目安です。

ただし、女性の場合は、財布を宝飾品、アクセサリーのようにしている面もあるそうです。そのために当てはまらない場合がある、とのことです。

私が思うに、女性の場合は、財布にいつも入れている金額くらいが目安になると思っています。「おれくらい入れていると、安心できる」と、あなたが思っている金額です。

いつも財布に現金を1万円入れている、という人なら、1万円が目安となりますが、ちょっと背伸びをしてワンランクアップを意識しますから、1万5千円から2万円くらいの予算での財布がおすすめです。

 

キャッシュレス先進国の中国では

お財布にいつも入れているお金に関連しての話ですが、中国ではキャッシュレスが進んでいますので、お財布を持たない人もいます。

その場合、スマホのカバー(スマホケース)に100元札を入れておくのがいいと書かれていました。スマホとスマホケースの間に見えないように入れておくのだとか。

それと、キャッシュレスであっても、「ペイ」の残高は、111元は必ず入れておくように、とか書いてあるのをみて、時代の流れような気がしました。

財布についての話から、風水のアドバイスは、財布だけではなく、スマホになってきているのだな(キャッシュレスとして)と感じました。今の時代は、キャッシュレスを念頭に、ということですが、古代にも今の財布とは違う形でしたが、縁起をかつぐ考え方があったということです。

 

→→次のページでは、財布の寿命や使い始める日、財布の中身について、です。