四緑木星の2021年のラッキカラーから財布を探る

四緑木星の2021年金運を考える上で、ラッキーカラーとお財布の関係も見逃せません。

四緑木星の生まれ年は、昭和8年(1933)、昭和17年(1942)、昭和26年(1951)、昭和35年(1960)、昭和44年(1969)、昭和53年(1978)、昭和62年(1987)、平成8年(1996)、平成17年(2005)、平成26年(2014)となります。

2月の立春前に生まれた人は前年の五黄土星で見ます。

財布において色は大事です。ラッキーカラーだからと言ってそのままお財布の色として選んだらいいかというとそうとも限りません。金運財布の色は別という場合もあるのです。

風水の先生によっては、赤は赤字につながるからダメだとか、お金を燃やす炎の色だから避けたほうがいいという人もいます。また青は「水が流れる」として、お金が流れる、につながるから良くないとする人もいます。

このように「四緑木星は○○色が2021年のラッキーカラー!」と言って、すべてそのままその色をお財布の色にしていいかというとそうとも言い切れないのが現実です。

今回は、四緑木星の幸運の色、ラッキーカラーを考えると同時に、、金運財布、お財布の色についても書いてみたいと思います。

 

\\金運財布として人気の「緑の財布」です//



 

2021年(令和3年)四緑木星のラッキーカラーの財布とは

四緑木星の運命の糸

四緑木星をはじめ、一白水星、二黒土星、三碧木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星のような九星でその時ごとの色を考える方法もあります。

毎年、本命星は場所を移動します。その星がどの東西南北のどの位置に行ったかでも変わってきます。

後で四緑木星の2021年、令和3年の位置、東西南北のどの位置にあるのかを書きますが、まずは色についてです。

四緑木星の2021年のラッキーカラーはどのような色なのでしょう。

以下では、四緑木星の人の基本の色をみてから、その後で2021年は、どの色の財布がいいか考えてみましょう。

*********

自分の生まれ年の九星による本命星が「四緑木星」とわかっているなら、先にこちらのサイトで、九星別、開運財布をチェックできます。

\\九星別なので、サイトでは、ご自分の「四緑木星」のところをクリックしますよ//

九星財布のページへ

>>四緑木星の金運財布

 

四緑木星の基本の色

ラッキーカラーとなるわけではありませんが基本の色があります。人によっては、命の色、魂の色ともいわれる色です。

四緑木星の基本の色は「緑色」になります。

四緑木星ですので、「木」から緑に関係する色は幅広く対象になります。深緑、グリーン、若緑などです。

四緑木星は「東南」が定位置と考えるので「青」「ライトグリーン」も基本の色となります。

お財布の色としては、水が流れるということで青色の財布は良くないと言われることが多いです。

「青」や「水色(ブルー)」よりは緑が入った色「青緑」、「エメラルド色」や「翡翠」と呼ばれる色のほうがいいでしょう。「明るめの緑」でも「深緑」でも「緑色」は相性のいい色です。

 

四緑木星の2021年のラッキーカラーは

基本の色だけでなく、その年、その年でのラッキーカラーもあります。

四緑木星の2021年におけるラッキーカラーは「青」です。

2021年は四緑木星のいる方位が「東」であることから、ラッキーカラーは青や緑であると考えます。

ただし、上にも書いたようにお財布の色として使うのなら、水色よりは、青緑、もしくは若葉色がいいです。

青はお金が水に流れると考えるのでなるべくなら、お財布には取り入れずに青に緑をプラスする、もしくは緑色の財布のチャームに青をプラスする。差し色的に少しだけ使ってる(ポイント部分だけのように)お財布にする、という方法も取れます。

その年のラッキーカラーとは別に2021年における毎月のラッキーカラーもありますので、こちらは参考としてください。

 

四緑木星の毎月のラッキーカラー(令和3年)

1月 金色
2月 銀色
3月 茶色
4月 赤
5月 白
6月 赤紫
7月 青、水色
8月 黒
9月 青緑
10月 深緑
11月 黄色
12月 灰色

★ラッキーカラーを組み合わせて自分だけのお財布を作れます。

>>自分だけのオリジナル財布JOGGO



四緑木星の生まれ年の九星による基本形

九星気学では、それぞれの九星には象意というものがあります。

その星のシンボルみたいなものです。

四緑木星の象意とは、

基本としては「木」です。
四緑木星ですから、「木」です。

水が木を育て、木は火を燃やします。

そのほか、天候としては風です。風はものに沿って流れます。そのため、四緑木星の性質としてはモノに沿う、人に従うという点があります。優柔不断な面もあり、自由気ままという面もあります。

また、風ということから、人の往来、出入りという意味もあります。人当たりがよい性格です。

穏やかなタイプで、風のように流れに身をまかせ、マイペースなところもあります。

象意というのは、なかなか面白いもので、「木」以外の四緑木星の象意には味覚としては「酸っぱい」、職業は「運送」関係、身体としては、「腸」となります。

方位としては、「南東」になります。これは「定位置」からきます。

九星には定位置があって、一白水星は北、二黒土星は西南、三碧木星は東、四緑木星は南東、五黄土星は中央、六白金星は西北、七赤金星は西、八白土星は北東、九紫火星は南というものがあります。

 

2021年(令和3年)の四緑木星の金運

2021年の四緑木星の金運は、なかなか良くて、今までの努力が実る、という運勢です。

金運アップにつながる運勢があります。

お財布を取り替えるのに良い年でもあります。

さらに、貯蓄用の口座を開く、というのにも良い年まわりです。

2021年は、お金があるなしで、人をみることのないように気をつけたい年です。自分が得だからと損得勘定で動くのは良くないのです。

 

2021年の年間のラッキーカラーは?

どの人にとっても、2021年のラッキーカラーとなる色も見ていきましょう。

年末になるとよく来年のラッキーカラーは、これ!と発表になる色です。

2021年は、「辛丑」(かのとうし)の年です。「木火土金水」といわれる五行思想でいえば、辛は「金」の年といえます。

物事には陰陽があって、陰陽五行説ともいわれます。

陰陽も考えると「辛」は、「金」の中でも「陰の金」と考えます。

「金」の基本の色は「白」となります。

2021年、令和3年は、「辛丑」の年なのですが、「丑」は五行思想で考えると「土」になります。陰陽五行説でいいますと、「陰の土」です。

「土」の基本の色は「黄」になります。

2021年は、「六白金星」の年になります。六白金星が「中央」に来る年だからです。

六白金星の基本の色は「プラチナ色(白銀色)」、「赤」になります。六白金星の定位置である「北西」から考えて、金色、白、銀色と考える場合もあります。

これらからみて、2021年のラッキーカラーを考えます。有名な風水の先生方の基本は上記の点から導きだされるでしょう。

赤と白銀を混ぜて、「キラキラしたピンク色」がいいと考える人もいれば、辛丑だから「白」がいいと考える人もいます。更には、丑年だからと白と黄色を混ぜて、「クリーム色」がいいと考える人もいます。丑年の「土」の気から、土色=こげ茶色、茶色がいいと考える人もいます。

 

旅行すること、動くことで開運するのが九星気学

2021年の四緑木星は、年間ベースでみると、一白水星が居る「南」、九紫火星が居る「北東」が「吉」となる方位です。

九星気学は、基本的には人が動くことによって吉凶が生まれるという考え方をします。

旅行風水と聞くことがあるでしょうが、あれは気学を風水としてわかりやすくしたものであって、九星気学の考え方、「気」の考え方がベースにあります。

そのため、方位を調べよい方位に動き吉を得て、凶を避けます。

その方向に気が流れているので、それに触れるために温泉がいいとか、湧き水を飲むといいといわれます。

毎月の月ごとの四緑木星の吉方位は異なりますから、これは九星気学の書籍を見るとわかります。

年間ベースで考えたら「南」「北東」がいいとされますが、これは長距離の移動、それこそ500km以上離れるくらいの旅行の時に発揮されます。

それ以外の近場の旅行では、毎月の吉方位とか、ラッキーな方位とか、雑誌や書籍に書いてありますから、そちらの方位にいくといいですよ。

ラッキーショップでは、四緑木星のための財布があります。

ラッキーショップでチェックを!

>>四緑木星の財布のページへ