九紫火星の2021年のラッキカラーから財布の色を考える

九紫火星の2021年金運を考える上で、ラッキーカラーとお財布の関係も見逃せません。

九紫火星の生まれ年は、昭和12年(1937)、昭和21年(1946)、昭和30年(1955)、昭和39年(1964)、昭和48年(1973)、昭和57年(1982)、平成3年(1991)、平成12年(2000)、平成21年(2009)、平成30年(2018)となります。

2月の立春前に生まれた人は前年の一白水星で見ます。

財布において色は大事です。ラッキーカラーだからと言ってそのままお財布の色として選んだらいいかというとそうとも限りません。金運財布の色は別という場合もあるのです。

風水の先生によっては、赤は赤字につながるからダメだとか、お金を燃やす炎の色だから避けたほうがいいという人もいます。また青は「水が流れる」として、お金が流れる、につながるから良くないとする人もいます。

このように「九紫火星は○○色が2021年のラッキーカラー!」と言って、すべてそのままその色をお財布の色にしていいかというとそうとも言い切れないのが現実です。

今回は、九紫火星の幸運の色、ラッキーカラーを考えると同時に、金運財布、お財布の色についても書いてみたいと思います。

*********

自分の生まれ年の九星による本命星が「九紫火星」とわかっているなら、先にこちらのサイトで、九星別、開運財布をチェックできます。

 

九星財布のページへ

>>九紫火星の財布

 

2021年(令和3年)九紫火星のラッキーカラーの財布とは

紫の玉の色

九紫火星をはじめ、一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星のような九星でその時ごとの色を考える方法もあります。

毎年、本命星は場所を移動します。その星がどの東西南北のどの位置に行ったかでも変わってきます。

後で九紫火星の2021年、令和3年の位置、東西南北のどの位置にあるのかを書きますが、まずは色についてです。

九紫火星の2021年のラッキーカラーはどのような色なのでしょう。

以下では、九紫火星の人の基本の色をみてから、その後で2021年は、どの色の財布がいいか考えてみましょう。

 

2021年(令和3年)の九紫火星の金運

紫の玉

2021年の九紫火星の金運は、可もなく不可もなしという普通の運勢です。

積み重ねる、貯蓄に励むと吉という運勢です。金運は年によってチャンスが回ってきやすい年と、自分のところで止めておくといい年とにわかれます。九紫火星の2021年は自分のところに止めておくといい年なのです。

そのため、蓄財に頑張るといい年回りになります。いずれ使う年がでてきますので、2021年は貯め込む年、ということです。

財形貯蓄をする、つみたてNISAを始めるなども良いでしょう。確定拠出年金でもいいのです。定期にコツコツ積立してみて、しばらく経ってからみると意外と貯まっていたことに気づくものです。

もし、お金を使うとしたら、将来戻ってくるものに使いましょう。教養を広げるため、資格試験ためのようなお金です。

美容のようなものでも、スタイルを良くする、健康的な身体にするためのお金なら、「健康」ということで自分に戻ってくるお金です。使うのなら、その場で無くなってしまうものではなく、いずれ将来自分に戻ってくる物にしましょう。

 

九紫火星の基本の色

ラッキーカラーとなるわけではありませんが基本の色があります。人によっては、命の色、魂の色ともいわれる色です。

九紫火星の基本の色は「紫」になります。

九紫火星ですので、「九紫」の「紫」と「火星」の「火」から「火」に関係する色も幅広く対象になります。

九紫火星は「南」が定位置と考えるので「赤」「オレンジ色」も基本の色となります。ローズ色も入ります。

南の色である「赤」を基本として、パープルだけでなく、赤紫、ワインレッド、葡萄色も含まれます。「火星」ですから燃えるような色、オレンジ色、茜色も含まれます。太陽のような輝きが入った色もあります。

 

****************

\\今、話題になっている「緑の財布」です//

ファスナータイプ、蓋のついているものなどあり!



 

九紫火星の2021年のラッキーカラーは

九紫火星の運命の糸

基本の色だけでなく、その年、その年でのラッキーカラーもあります。

九紫火星の2021年におけるラッキーカラーは「灰色」です。

灰色と行ってもグレイッシュベージュのような色がいいでしょう。灰色という白と黒を混ぜた色ですが、それにさらに茶色が入った色です。

2021年は九紫火星のいる方位が「北東」であることから、茶色もラッキーカラーであると考えます。黄色や金色も含まれます。

 

その年のラッキーカラーとは別に2021年における毎月のラッキーカラーもありますので、こちらは参考としてください。

 

九紫火星の毎月のラッキーカラー(令和3年)

1月 紺色
2月 白
3月 黒
4月 青緑、碧色
5月 深緑
6月 金色
7月 銀色
8月 赤
9月 灰色
10月 紫色
11月 青
12月 黄色

★ラッキーカラーを組み合わせて自分だけのお財布を作れます。

>>自分だけのオリジナル財布JOGGO



九紫火星の生まれ年の九星による基本形

九星気学では、それぞれの九星には象意というものがあります。

その星のシンボルみたいなものです。

九紫火星の象意とは、基本としては「火」です。
九紫火星ですから、「火星」の「火」です。輝く太陽でもあります。

火は物を燃やして、灰にします。灰はいずれ土となります。そのほか、天候としては「暑気」や「南風」です。

火で照らされたことで物事がわかることから、知性を表します。

そのため、九紫火星の性質としては、火の光で物事が明るくなる、ものを知る、などのことから頭脳明晰です。発覚、発見という意味もあります。

頭も良くて、おしゃれです。そのため美的センスを活かせるもの、デザインや美術方面に向いています。

自尊心が強くて負けず嫌いなところがあります。個性派といわれることも多いです。九星気学の中でも「火」の文字が入っているのは、九紫火星だけです。紫の字が入っているのも、九紫火星だけです。

このことからみても、九紫火星の人は、個性派ぞろいといえます。他の本命星は、色がほかの星でもあるか、星が「木火土金水」のどれかに重なること(例として二黒土星、五黄土星、八白土星は土星が3つ)がありますが、九紫火星は重なることがありません。個性的なのです。

ただし、火は燃えさかった後は静まることから、急に冷めることが多いので、情熱を持ち続けることが大事です。目標達成まで続けること、コツコツさが大事であることにも気をつけたいです。

集中力があって短期には強いのですが、忍耐力に欠けることが課題です。例えていえば、短距離走が得意でもマラソンが苦手なタイプです。

象意というのは、なかなか面白いもので、「火」以外の九紫火星の象意には味覚としては「苦い」、職業は「役所」関係、身体としては、「頭脳」となります。

方位としては、「南」になります。これは「定位置」からきます。

九星には定位置があって、一白水星は北、二黒土星は西南、三碧木星は東、四緑木星は南東、五黄土星は中央、六白金星は西北、七赤金星は西、八白土星は北東、九紫火星は南というものがあります。

 

2021年の年間のラッキーカラーは?令和3年版

どの人にとっても、2021年のラッキーカラーとなる色も見ていきましょう。

年末になるとよく来年のラッキーカラーは、これ!と発表になる色です。

2021年は、「辛丑」(かのとうし)の年です。「木火土金水」といわれる五行思想でいえば、辛は「金」の年といえます。

物事には陰陽があって、陰陽五行説ともいわれます。

陰陽も考えると「辛」は、「金」の中でも「陰の金」と考えます。

「金」の基本の色は「白」となります。

2021年、令和3年は、「辛丑」の年なのですが、「丑」は五行思想で考えると「土」になります。陰陽五行説でいいますと、「陰の土」です。

「土」の基本の色は「黄」になります。

九星の本命星で見ると、上にも書いたように2021年は、「六白金星」の年になります。六白金星が「中央」に来る年だからです。

六白金星の基本の色は「プラチナ色(白銀色)」、「赤」になります。六白金星の定位置である「北西」から考えて、金色、白、銀色と考える場合もあります。

これらからみて、2021年のラッキーカラーを考えます。有名な風水の先生方の基本は上記の点から導きだされるでしょう。

赤と白銀を混ぜて、「キラキラしたピンク色」がいいと考える人もいれば、辛丑だから「白」がいいと考える人もいます。プラチナ色やシルバーも含まれます。

更には、丑年だからと白と黄色を混ぜて、「クリーム色」がいいと考える人もいます。丑年の「土」の気から、土色=こげ茶色、茶色がいいと考える人もいます。

 

旅行すること、動くことで開運するのが九星気学

2021年の九紫火星は、年間ベースでみると、二黒土星が居る「北」、四緑木星が居る「東」、八白土星が居る「西」が「吉」となる方位です。

九星気学は、基本的には人が動くことによって吉凶が生まれるという考え方をします。

旅行風水と聞くことがあるでしょうが、あれは気学を風水としてわかりやすくしたものであって、九星気学の考え方、「気」の考え方がベースにあります。

そのため、方位を調べよい方位に動き吉を得て、凶を避けます。

その方向に気が流れているので、それに触れるために温泉がいいとか、湧き水を飲むといいといわれます。

毎月の月ごとの九紫火星の吉方位は異なりますから、これは九星気学の書籍を見るとわかります。

年間ベースで考えたら「東」「北」「西」がいいとされますが、これは長距離の移動、それこそ500km以上離れるくらいの旅行の時に発揮されます。

それ以外の近場の旅行では、毎月の吉方位とか、ラッキーな方位とか、雑誌や書籍に書いてありますから、そちらの方位にいくといいですよ。

 

ラッキーショップでは、九紫火星という星からみた財布があります。

\\九星別なので、サイトでは、ご自分の「九紫火星」のところをクリックします//

ラッキーショップでチェックを!

>>九紫火星の九星財布